自律訓練法の研修会

もう2年半前ですが、自律訓練法の基礎講習会に参加しました。

自律訓練法は「適度なくつろぎを自力で得られるようになるための練習」で、
だれかにくつろがせてもらうのではなく、自分自身で自分をくつろがせられるようになる練習法です。
その特徴を、すごく一面的に言ってしまえば「リラクゼーションの方法」でもあります。

山岸涼子先生の漫画が好きな方は「舞姫 テレプシコーラ」でご存知かもしれません。
主人公の六花ちゃんが、バレエの発表会の前の日、緊張して眠れない夜に実施していました。
翌日はすっきり目が覚めて、六花ちゃんも驚いていました。
(簡略化されていますし、少し違うのですが……。メンタルトレーニングに詳しい先生に教わっていました。)

実際にオリンピック選手も行っていますし、
自律訓練法が正しく身に付いてくると「想像力や創造性の向上」して「その人本来の力が活かせる」とも言われています。
アーティストにもぴったりです。

私も自律訓練法を一人で毎日やってみよう!と思ったのですが、
ついつい寝落ちをしたり……、一人ではなかなか続きませんでした。
(残念ながら講習会も基礎しか出ていません)
ですが、発表の前など、あがってしまいそうなときに、
背景公式~第一、第二公式まで進めると(場合によりますが、10秒ほどで)、
手足が暖かくなり、少し気持ちが落ち着くのを感じられます。

訓練していないなりには!ですけれど。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です